商品 > > 純アラビカ種コーヒー、オアハカ・メヒコ >

純アラビカ種コーヒー、オアハカ・メヒコ

フル・ボディで美味

原産国: メキシコ
協同組合: ウシリ

フェア・トレード発祥の地、チアパス地域産コーヒーへのタイム・トラベル

高度800メートル超で栽培されるコーヒー・チェリーは、フル・ボディで風味豊かな豆を包んでいます。それはオーガニック農法の原則にしたがい、古株のアボカド、バナナ、あるいはオレンジの木陰で育つのです。

アルテルエコのコーヒー、オアハカ・メヒコを生産するのは、著名な協同組合、ウシリです。1983年設立の、同協同組合が擁する2,782人のメンバーの中に、労働司祭であるフランツ・ヴァン・デル・ホフ(Frans Van Der Hoff)がいるのです。1939年にオランダで生まれた彼は、同協同組合およびマックス・ハベラーの共同設立者です。1988年、彼はお気に入りのモットー「眼を見開いて夢を見よう」にしたがい、農家でつくる、マックス・ハベラー・ラベル認証を受けた初の協同組合、「イスムス地域先住民協同組合連合(ウシリ)」に参加しました。
ウシリはその事業において、地域開発により農民と将来の世代の生活状態改善を目指すプロジェクトに、資金援助を行っています。具体的には、住宅、多様性プログラム、社会から取り残された先住民向けの金融サービスなどがあります。