メディア >

ヤン=アルテュス ベルトラン:

 

ヤン アルス ベルトゥラン(1946年3月13日パリ生まれ)はフランスの写真家ジャーナリスト、レポーター兼 環境活動家です。2007年4月に、彼は当初“ブーメラン”と名づけられた映画の監督をはじめました。その後彼は映画のタイトルを“ホーム”に変更しました。映画はリュック ベッソンによって製作され、フランスの多国籍企業、PPR社によって資金提供されました。ヤン アルス ベルトゥランはこの映画を通じて、今地球が置かれている状況と、人類が直面しているチャレンジを示したかったのです。

(出所: ウィキぺディア)



 

ジャン=マリー ペルト:

 

ジャン-マリー ペルト教授(1933年10月24日生まれ)はフランスの植物学者です。ジャン-マリー ペルト氏は1972年にヨーロッパ エコロジー 研究所を設立しました。何冊かの著書と何本かのフランスのテレビのシリーズ番組作品があります。

(出所: ウィキぺディア)

 

 

 

 

ピエール ラビ:

 

ピエール ラビ(1938年 アルジェリア ケナサ生まれ)は フランスの作家、農家、環境活動家です。もともとはイスラム教徒でしたが、若い時にフランスで勉強を始めた時、キリスト教に改宗しました。“どこでもオアシス”という概念を生み出しました。彼は人間と土地を尊重しながら機能する社会を提唱し、自然資源を維持する環境に配慮した農業技術の開発を支援しています。彼の理論はとりわけ乾燥した国々(砂漠の国々)(この限りではありませんが)について述べています。

(出所: ウィキぺディア)