アルテル エコ >プロフィール >

 トリスタン ・ルコントのプロフィール

私は、フェア・トレード製品の輸入・販売を専門とする企業、アルテルエコを創業しました。また、森林破壊と気候変動に対する共通の戦いを開始し、ペルー、ボリビアそしてパラグアイで大規模な森林再生プロジェクトを実施し、2012年までに1200万本の植林を目指しております。

私は1973年生まれで、1996年にHEC(フランス、パリ)とジェトゥリオ・ヴァルガス・ファウンデーション(Getulio Vargas Foundation, ブラジル・サンパウロ)を卒業しました。そして、まずロレアル・グループの韓国法人で経験を積んだ後、1998年にアルテルエコを立ち上げたのです。

アルテルエコはフェア・トレード製品の輸入・販売を専門とする企業です。当社は現在、世界30カ国超(アジア、アフリカ、南米)の40協同組合より、約100種類の商品を輸入しております。そして、途上国で恵まれない小規模生産者がつくる、自己持続可能なグループの発展に寄与しております。フェア・トレードの国際的な原則(FLO 基準、マックス・ハベラー・ラベル)にしたがい、彼らが世界の市場へアクセスできるよう支援し、その製品を3,000超の店舗(大手・中堅の小売店)に販売しているのです。当社が目指しているのは、営利事業の発展を通して、途上国の開発への参加が可能であると証明することです。私は、先進国のディストリビューターや投資家の皆さまとお会いするのと同様、25を超える途上国の生産者の皆さまにもお会いすることでしょう。この2つの世界が調和することこそが、私を刺激し、かつ意欲的にさせてくれるのです。

2006年、アルテルエコのフランスにおける売上高は1700万ユーロに達しました。そして米国とオーストラリアで営業を開始し、さらに日本でも販売がスタートいたしました。

アルテルエコの目標は、市場と経済のメカニズムを活用して、現状よりも公平な貿易を実現することです。当社には、徹底した監査というコーポレート・カルチャーがあります。そして目指すべきは、可能な限り最大の能率と効果を追求し、長期にわたりフェア・トレード運動の発展へ参加することです。これは壮大なプロジェクトなのです。


好きなこと

フェア・トレード、生物多様性、持続可能な開発、旅行、ブラジル、カーボン・オフセット

トリスタン·ルコントのブログ

シラク財団