アルテル エコ >よくある質問 >

よくある質問


1. アルテルエコは何の会社ですか? どのような仕事をしているのですか?

アルテルエコが提供しているものをご説明いたします: 

● 生産者の皆さまへ:

✓とくに、経済的にもっとも恵まれない生産者の方へ、透明性の高い関係、長期的なパートナーシップ、テクニカル・サポート(マーケティング、経営管理、販売、ロジスティクス、オフィスなど) 

● 小売店の皆さまへ: 

✓サプライヤーのトレーサビリティと責任。言い換えれば、自らを他社と差別化し、競争優位に立つための確かな手段 

✓増収につながり、自らを競争相手と差別化する一助となり、さらに地球を癒すプロセスの一翼を担うことに参加する機会 

● 消費者の皆さまへ: 

✓原材料の生産者、そして地球の生態系のバランスに、自ら寄与することができる高品質な製品 

 

● 政府機関の皆さまへ:

✓人と地球を、さらに繁栄させることへの参加 

当社のパートナー、投資家、そして従業員はすべて、自らの活力源となる精神を共有しています。それは何よりも、持続可能な開発という、人類が直面する空前絶後の課題に貢献したいという願いと結びつく、協力の精神なのです。
結局、もっとも重要なことは、よりよい世界への夢を持つ人びとの、信念とコミットメントなのです。夢のない人による、根拠のない決断ではありません。


2. アルテルエコのロゴと社名は、何を意味しているのですか?

アルテルエコのロゴは、当社の強固な価値観を表しております。暖色系のトーンで、女性が空に向って両腕を広げる姿は、率直さ、希望、共有そしてバランスを象徴しているのです。
アルテルエコという社名の意味は、ひとつではありません。おもにふたつの意味があり、それはオルタナティブ経済とオルタナティブ・エコロジーです。前者と後者が、根本的に結びついているのです。


3. なぜ、アルテルエコは有限責任会社なのですか?

当社の願いは、フェア・トレードが持続可能なビジネス・モデルになり、それが生産者、従業員、パートナー、株主という利害関係者すべてに、利益をもたらすことが可能であると証明することなのです。
それゆえ、アルテルエコは有限責任会社という形態をとっております。当社の投資家は、アルテルエコのメンバー、その他献身的な個人、またプライベート・エクィティ・ファンドなどです。アルテルエコの全株主は、フェア・トレードに対して同一の信念と情熱を共有しているのです。


4. アルテルエコと、他のフェア・トレード企業・団体との違いは何でしょうか?

アルテルエコの手法は、他のフェア・トレード団体を補完するものです。アルテルエコが目指すのは、フェア・トレードにおける経済、社会、そして環境の各面を通して、経済的に恵まれない小規模生産者の機会を最大化することにあります。
アルテルエコは、フェア・トレードとは多くの製品および分野に応用が可能な、広範な概念であると考えております。また当社が信じるのは、フェア・トレードが高い評価を得、そして成功するにふさわしいものであるということです。
アルテルエコは、世界フェア・トレード機関(WFTO)のメンバーとなる決定をいたしました。率直さ、そして緊密な協力という精神で、フェア・トレードの仲間とともに汗を流そうと願うアルテルエコにとって、WFTOのメンバーシップは不可欠のものです。


5. フェア・トレード機関は、アルテルエコのイニシアチブについて、どう考えているのでしょうか?

彼らが何よりも望むことは、フェア・トレードが一時的なブームではないという見解を守ることです。彼らが慎重なのには訳があるのです。彼らには、当社のプロジェクトの進捗について定期的にお問い合わせいただき、大変なご助力をいただいております。一方、彼らは20年超にわたり、明確な原則に基づいてフェア・トレード実現のために闘ってきました。彼らには、フェア・トレードがより成功すると、その原則や基盤が弱まることになりかねないという、確かな根拠をもつ不安があるのです。私たちは、可能な限りすべての面に配慮し、大規模ではなくても堅固な組織をつくるように努めます。


6. アルテルエコは、イデオロギー的、宗教的、または政治的な団体と関わりがありますか?

アルテルエコ社は、いかなる政治・宗教団体やイデオロギーともまったく無関係です。当社が配慮していることは、フェア・トレードの原則のみです。
当社が強く望んでいるのは、フェア・トレードの包括的な手法を開発することにあります。そして、途上国の経済開発と同時に、先進国の教育の発展に寄与することにより、それは成功すると考えております。


7. アルテルエコ製品についているラベルには、どのような意味があるのでしょうか? 

当社の製品は、2つの独立機関から認証を受けております。


マックス・ハベラー・フランス(www.maxhavelaarfrance.org)が発行するマックス・ハベラー・ラベルは、フェア・トレードの基準を満たしていることを保証するものです。

 

 

 

ABラベル(オーガニック農法)は、製品がオーガニック農法の基準にしたがって栽培・加工されたことを保証するものです。こちらは、フランス政府認定の認証機関が検査を実施します。

 

 


8. アルテルエコの製品は、どこで加工されているのですか?

フェア・トレード発展のカギを握ることとして、地元の原料・ノウハウの使用があげられます。通常の食料品に含まれる原材料費の割合は、平均で店頭販売価格の6~8%となっています。そのため、ただ単に原材料を高値で購入するだけでは、バランスが本当に実現するまでに長期間を要してしまいます。それゆえ、生産者が収入源の多角化を図ることこそ、重要な課題なのです。そして、日増しに重要性を増している製品加工の能力も、その一部です。
アルテルエコが一貫して強く望んでいるのは、可能な限り最大の付加価値を生産者に還元することです。当社の独自性のひとつとしては、できるだけ多くの当社製品を、原産国で加工することがあります。そうすれば、生産者団体が受け取る付加価値は劇的に増加し、また開発に対して、はるかに大きな効果があるのです。
たとえば、当社が扱うインド、スリランカ、南アフリカ産のオーガニック・ティーは、原産国において、地元の原料を使用して加工されています。最終的には、当社の茶に支払われた金額の40~50%が、現地で生産・梱包をおこなう協同組合へ還元されております(当社のお茶についてさらに詳しく知るには)。
当社取扱いの製品については、平均して販売価格の20%超が原産国に還元されております。それに対して、通常の製品では6~8%に過ぎず、マックス・ハベラー準拠の原料のみ購入し、当社製品を現地で加工しない場合は12~13%にとどまっています。


9. アルテルエコの従業員の給与は、どのように決められていますか?

アルテルエコの給与水準は全国平均(同業の類似の職種と比較して)より、若干低くなっております。


10. フェア・トレード製品を食べるのは良いことですね。ただ、他に何かお手伝いできることはないでしょうか?

日頃ご利用のお店に、当社の製品を販売するよう依頼していただければ幸いです。

2007年 活動報告書 (pdf. 英語版 39p.)